熱処理

熱処理について

鋼の溫度による組織変化を利用し、鋼を昇溫?冷卻して、鋼の組織?硬さを変化させる処理です。代表的な処理として、焼なまし、焼入れ、焼戻し、焼ならしがあります。
工具鋼の場合、工具鋼製造メーカーから出荷される組織は焼なまし組織です。焼なましを行うのは、再鍛造を行った後か、加工歪みを取るためのひずみ取り焼なまし(応力除去焼なまし)となります。焼なまし狀態の材料は、硬さが低く、被加工性?塑性加工性に優れますが、強度不足で工具としての使用に耐えないため、工具形狀への荒加工後、指定硬さに焼入焼戻しされるのが一般的です。

影电影在线观看版完整版免费